自分でできるわが家のお手入れ きれいな住まいを保つためのセルフメンテナンスのコツをご紹介。
浴室

浴室のカビ落とし

湿気の多い浴室はカビが生えやすくなっています。日常的にカビが生えにくい環境にしておくこと、カビが生えやすいところはこまめに掃除をすることが大切です。

1

目地や浴槽と壁の間のコーキング部に生えたカビは、ゼリー状の塩素系カビ取り剤を塗り、30分以上おいてから水で十分に洗い流します。

2

ドア内側の排水溝にスノコ状のフタ(グレーチング)かある場合は、外して浴室用中性洗剤(落ちないときは液状の塩素系カビ取り剤)をスプレーし、ブラシなどでカビをこすり落とします。

 

 
浴室のカビを防ぐには

家族全員がお風呂から上がったら、熱めのシャワーで飛び散った石けんカスなどを洗い流し、その後、冷たいシャワーをかけて壁や床の温度を下げます。特に床の隅や排水溝付近は、しっかり洗い流しておきましょう。

シャワーの後は、雑巾で水滴を拭き取っておきます(特に水滴が溜まりやすいドアサッシや壁の目地)。手が届かない壁上部や天井は柄付きモップで拭けば完璧ですが、あらかじめカビ止め剤を吹き付けておくという手もあります。

入浴後1~2時間は換気扇を回し続け、浴室内の湿気を追放。窓を開け(ただし防犯対策は怠りなく)、同時に浴室ドア+脱衣室の窓も開ければ、効率よく換気できます。浴槽の湯を抜かない場合は、フタを閉めましょう。