自分でできるわが家のお手入れ きれいな住まいを保つためのセルフメンテナンスのコツをご紹介。
壁クロス

壁クロスの剥がれや傷の補修

湿気の多いところでは、クロスの継ぎ目が剥がれて浮いてくることがあります。気付いたら早めに補修しておきましょう。

1

剥がれている部分の両側にマスキングテープを貼り、剥がれた部分を持ち上げながら「のり」付けて貼ります。

2

のり付け後、ローラーで押さえるときれいに仕上がります。

 

 

ここに注意!
●スチームクリーナーは、熱で「のり」が溶けたり、継ぎ目から湿気が入り込んだりするため、使わないでください。
●補修の際、強力接着剤は使わないでください。貼り替え時にクロスがはがれなくなります。
釘などの穴には・・・
穴の周囲をきれいに拭き、平らにならします。
次に、穴埋め材を押し出して埋めます。
最後にヘラなどで平らにならします。