自分でできるわが家のお手入れ きれいな住まいを保つためのセルフメンテナンスのコツをご紹介。
建具・畳

障子の貼り替え

1

障子を外し水を含ませたスポンジやハケで
紙の上から桟を濡らします。5分ほどおいて
紙を外します。古いのりを濡れ雑巾で
きれいに落とし、桟を乾かします。

2

障子紙を広げます。貼り始めの
紙の中心左右の3箇所をセロハン
テープで留め固定します。

 

 

3

紙を巻き戻し、のりを幅1~2ミリぐらいで
塗ります。かまちの紙じゃくり(1段低く
なったのりしろ部分)には少し多めに
塗ります。

4

巻き戻してある紙を、ゆっくり
転がしながら、ひっぱり加減に
貼っていきます。

 

 
5

のりが半乾きになったら紙じゃくりに
そって定規などをあてカッターで余分な
紙をカットします。余分なのりは固く
絞った雑巾で拭き取ります。

6

障子紙にしわやたるみがある場合は、
立てかけて霧吹きで軽く霧を吹き
付けると、乾いたときにピンと
なります。

 

 
ここに注意!

●障子の小さい穴や破れには、花の形などをした粘着剤つきの和紙補修用シールが便利です。1ヵ所だけに貼ると、いかにも補修した感じになるので、何ヵ所かに貼ってデザイン風にするとよいでしょう。